壁に穴を開けずにガンロッカーを設置する方法

ガンロッカー盗難によって強奪されないように、建物の壁や柱にネジくぎで固定されてなければ、警察の許可は下りません。

ただですね、例えば賃貸住宅の場合、壁の穴あけ禁止されている物件がほとんどですよね。そういう場合にどうやってガンロッカーを固定するんだって話です。
一番手っ取り早いのが、それでも壁に穴開けて固定してしまう方法です(笑)
退去する時に多少の修繕費を払う必要がありますが、結局金で解決できるって方法です。

まあ、賃貸物件に銃や火薬類を持ち込むこと自体を嫌う大家も多いですから、あとあと問題になる前に、まずは大家と相談することをお勧めします。

さてさて、今回私が紹介するのは
「壁に穴を開けずにガンロッカーを設置する方法」です。
結局ガンロッカーは容易に運び出すことが出来ない状態であればOKなんです。


1つ目の方法は「つなぐ」方法です。
本棚やタンス、あるいは部屋の柱等、容易に動かすことが出来ないものに、ガンロッカーをワイヤーでつないでしまえばいいんです。ガンロッカーの背部にはネジくぎ用の穴が開いてるんで、これにワイヤーを通してつなげば、容易に動かすことが出来ない状況を作り出すことが出来るというわけです。


2つ目の方法は「重りを入れる」方法です。
これは簡単です。ガンロッカーの中に重りを入れれば、容易に運び出せません。
もちろんガンロッカー自体に重さがあるので、それに追加してそうですね、
あと20㎏も追加すればそう簡単に持ち出せないということです。
まあ簡単なのはペットボトルに砂を詰め込むのが一番安上がりで、重さも調整できますね。
あるいはロッカーをひっくり返した底の部分は空洞があるので、養生してコンクリート流し込めば、ロッカー内部の空間を圧迫することなく重しができます。
ただこの方法は強烈な重量が床の1点にかかるため、賃貸も含め古い家屋の場合は、床材と柱の位置に注意が必要です。


さて、タイトルのアイデアはすんなり話しましたが、実はここからが問題となると思われます。
それは銃に関する全ての許可は、全国共通の基準がないことです。
人が人を審査して許可が下ります。
そのために、他人の許可基準が、自分の許可基準になると思うことが間違いです。


それでは、あなたのガンロッカーはどのようにすれば許可が下りるのか?

それはあなたの居住区の生活安全課しか知りえない情報というわけです。
「許可を出す人間に聞く」
これが一番間違いのない方法です。

特に「重くしたから固定してません」ってのは、「担当者」によってはNGになる可能性はありますね。
理屈ではなく
「人が人を審査する」
まあここが一番重要な点ですね。




さてさて、前回の記事でガンロッカーを購入したことは記事に書きました。
それでですね、やっぱりガンロッカーの固定方法を悩んだんですよ。
現在私の住んでいるのは一軒家なので、壁に穴開けようが何しようがOKなんです。
問題は壁に使われている素材ですね。

現在、普通に家を建てた場合、壁の内側に使われる素材は防火パネルです。壁にネジを打ち込んだことがある人ならわかってもらえると思いますが、そのネジを緩め外したときに、ネジ山に白い粉がついてくるのが防火パネルです。
防火パネルとは、いわゆる石膏とか、黒板で使われるチョークを固めたようなもので作られているパネルで、もし火事が起きたときに、燃え広がる速度を最小限に抑える役目をします。
私の家も、壁の中は全て防火パネルです。

ただですね、防火パネルは火に強くても、板としての強度が弱いんです。
だから、例えガンロッカーに空いている4つの穴にネジで防火パネルに固定したとしても、もし成人男性が本気でガンロッカーを動かした場合、容易にガンロッカーが引き剥がされてしまう可能性が高いんですね。

まあ一応、壁にさえ固定していれば、警察の監査は通るかもしれません。でも、銃所持者として、万が一盗難にあった時に、万全の準備をしておく義務があるって思ったんです。

それで私は考えました。




通常のガンロッカーには上に2つ、下に2つ、計4つの穴が開いてます。
上2つは通常通り、防火パネルにネジで止めました。

ただネジ2つでもできるだけ強力に止めたいために、適当な長さの板を買ってきて、防火パネルの壁には、ネジ4本で固定することにしました。
まず準備中の写真
DSC05056.JPG

実際に固定してみたところ
DSC05058.JPG

実際にガンロッカーを固定した様子
DSC05060.JPG
これでガンロッカー側はネジ二本ですが、防火パネル側にはネジ4本でとまっています。


そして下の2つのネジ穴なのですが、ステンレスワイヤーで、隣の家具とつなぐための穴として利用することにしました。
これもまあ防犯上、あまり詳しい写真は載せられないんですが、アイデアとしては記事通りです。
DSC05061.JPG
ガンロッカーの横にあるのが、実はアイリスオーヤマのメタルラックの棚です。ステンレスワイヤーと組み合わせるのは容易です。

その棚の足元部分にワイヤー通して、ワイヤーの先端をガンロッカー下2つのネジ穴に通して、先端をカシメました。


さて、某ホームセンターで、私が購入したステンレスワイヤーは2㎜だったんですが、まあ切り売りです。で、従業員呼んで、長さ測って切ってもらったのですが、その購入場所に置いてあった大きめのニッパーではなかなか切れず、結局「少々お待ちください」って、どっかから持ってきた、ごっつい切断道具で切ってました。
それ見て安心しました、たかが2㎜のワイヤーだけど、私のガンロッカーを持ち去るには、よほどの道具が必要なんだと。

もう一方で、ハンターとしての怖さが身に染みました。
イノシシやシカは4㎜以上のワイヤーって制限あるのに、それを引きちぎる大物も存在するんだなあって。
じゃあ、法律上わなでは捕ることできないけど、もし熊をくくり罠で捕まえるとしたら、何㎜のワイヤーが必要なんだろうって!?



私はサラリーマンハンターとして、後戻りができないところまできてます。
その充実感とともに、いろいろな恐怖を伴った感情がわきあがるのも事実です。

まあ正直、ちょうどええ感覚ですね。
仕事も趣味も、緊張感がなくなった瞬間が一番ミスしやすいですからね。


テンキー式電子ガンロッカー 電子ロック式 SG-125ET3 ガンロッカー 3艇用 テンキー式 銃刀保管庫 壁面取付可 チェーン 鍵2本付(代引不可)【送料無料】

価格:20,650円
(2020/8/24 18:17時点)
感想(0件)



この記事へのコメント

  • hayate

    こんにちは。
    私も今、ガンロッカーを設置する為の固定方法を検討中です。
    私が今考えているのは「石膏ボードの奥にある間柱まで届くネジで固定する」って方法です。
    ちょうど良い場所に間柱がなくてどうしようか思案していましたが
    この「板」のアイデア利用させていただこうと思います。
    2017年03月21日 17:04
  • 黒猫

    私は賃貸物件なので、固定に困りました。当時の担当者に相談したところ、重量増加でOKでした。

    では、何キロ?という質問には明確なラインは無く、「容易に運搬出来なければ良い」という返事を頂きました。

    なので、ダイビング用の1キロ重りを24枚ほど敷き詰めました。廃金属の鉛を入手し、ダイビング用重りを鋳造する鋳型を買い、台所でせっせと鋳造。。。大変な作業でしたが、安く上がりました!
    2017年03月22日 17:54
  • morimori

    重量増加だけでもOKって情報は、今後賃貸ハンターを目指す人間にとっては、ありがたい情報だと思います!
    まあ、とにかく重要なことは「許可を出す人間に確認する」ことですね!
    2017年03月22日 19:33