わらびの処理の仕方と料理方法

はい!春です!山菜です!
私はこの季節「ふきのとう」と「わらび」が好きです。

本当なら自力でとってきたわらびを使った記事を書きたかったんですが・・・スーパーで買いました。
DSC06577.JPG
あっはっは!半額セール品です!
スーパーの山菜って需要が少ないのか、ワラビもフキノトウもタラの芽も、スーパー品は半額セールを行うことが珍しくないのでお得です。

で、スーパーであれ自力であれ、わらびの美味しい食べ方を知らない方がいるとしたら不幸です。

ってことで、今回は「わらびの調理方法」の記事です。





まずは水洗い、ワラビの表面には細かい産毛のようなものがびっしり生えています。
DSC06579.JPG
こんな感じで、両手でワラビを挟み込みます。
で、ワラビの軸全てを拝むようにこすり合わせながら、流水下で産毛をしっかり洗い流しまします。
うちのキッチンのように、下が人工大理石の白色なら、産毛で抹茶色に染まった水が流れていくのが確認できるほど、産毛が生えてます。
その流水が透明になるまで、こする作業をします。
丁寧に書きましたが、産毛取りはそれほど時間がかかる作業ではありません。

次に切り分けます。
キッチンバサミが簡単です。4cmほどに切っていきます。
DSC06580.JPG
はい、切り終わりました。
DSC06581.JPG
そこに重曹投入。
DSC06582.JPG
量的にはティースプーン山盛り1杯くらいかなあ。本当に適量です。
DSC06583.JPG
そこに、沸騰したての熱湯をヤカン一杯投入。お湯ではなく熱湯です。
つまり、ワラビ処理で最初に行う作業は、満杯に入れたヤカンを火にかけることです。
DSC06584.JPG
そのヤカンの熱湯全て入れ切ります。
DSC06586.JPG
あとはこの状態で冷めるまで放置。

冷めたら、ひとつわらびを取り出して、しょう油かけて試食。
多分時間差で、かなりのエグミが来ると思います。
そのエグミも含めて山菜の美味しさだと思われる方は、灰汁抜き処理はここでストップ。

さて、私はいつも1回じゃエグミが強すぎるので2回目に行きます。
先ほどと手順は同じ。

冷めた水を捨て、何度か水洗いして、重曹と熱湯処理。
冷めたら十分水洗い。重曹自身に酸味があるので灰汁だけでなく重曹も洗い流す感じで、しっかり水洗い。


さて、わらびの処理は終わりました。
次に料理方法です。




まあ、灰汁の抜けたわらびは普通におひたしが美味しいです。

これはネット情報では作り方が2種類あって、
1つは、かつお節としょう油のみのシンプルな方法
1つは、多少出汁つゆの旨味を混ぜるような方法
まあ好みです。
私はいつもシンプな方法で食べます。

水洗いしたワラビに大量のかつお節と多少のゴマと適量のしょう油を投入。
DSC06587.JPG
それをボウルの中で混ぜ合わせます。
DSC06588.JPG
試食しながらしょう油の量を調整。

はい完成です!
DSC06589.JPG

春の山菜って、いろんな種類ありますが、美味しく食べる調理法としては多くなくて、多くは天ぷらですね。油が一番アクが抜けます。
でも、これほど和食的に美味しくシンプルに食べられる春の山菜って、ワラビ以外は存外少ない気がします。


皆さんは、春を感じるときってどんな時ですか?
桜が咲いたときですか?

私は、フキノトウを食べたときに春の訪れを知り、
ワラビを食べたときに、春の到来を感じます。







この記事へのコメント

  • けろあき

    おいしそうです。食べたくなりました。
    昨日見かけたのはたらの芽2個だけ。葉ワサビはまだまだ小さかった。
    山菜は色々と問題もありますから、買うのが確実ですね。
    2020年04月05日 00:51
  • morimori

    あっはっは!外出してますね。私も今日も出歩いてます。
    外出自粛って言いたいのはわかるんですが、移動手段が電車バスの都会人と、ほぼ100%車社会の福井県民を、同列に扱ってほしくないですね。
    そして、夜のスナックへの外出と、誰もいない里山付近での山菜探しの外出を、同列に扱ってほしくないです。
    しかし、子供の時なんか、近所の雑草のように感じていたフキノトウが、こんなに見つからないとは思いませんでした。
    まあ「ポケモンGO」のように「山菜GO」を、もうしばらく楽しみたいと思います。
    2020年04月05日 18:11