マタドールR5Mのコッキングレバーのバネを交換してみた

正直エースハンターも含めて、銃をバラすのは初めてです。

経緯で言うと、福光射撃場で気が付きました。
上記記事中には書いていませんが、1発目からコッキングレバーのバネが折れていることに気が付きました。
つまり、猟期終わって保管中に折れたのだと思われます。
DSC081901.jpg
写真のように、右側のコッキングレバーの方から、針金が突き出てます。そのため右側のコッキングレバーはプラプラの状態です。

ただですね、現在ではスコープ覗きながら、右手は引き金辺りにおいて、左手でコッキングレバーを引くんです。
つまり、右手側のコッキングレバーのバネが折れようと、全く支障はありません。
でもいい機会です、銃の理解を深めるためにも、自力でバネ交換を、出来れば市販バネを用いてDIYで作ってみたいと思います。

さてさて、バネ自体は購入した銃砲店より無償でもらえました。
DSC08229.JPG

あと先輩からバネ交換の動画アドレスも教えていただきました。

自作する際の、市販バネも教えていただきました。
DSC08228.JPG

さすがにここまで揃っていたら、やるっきゃないです。

まずは右側のバネを、純正品を参考にして作っていきたいと思います・・・。
DSC08230.JPG
・・・よく見ると、バネの巻き方向が逆です。この市販バネは左側のバネの代用品には使えそうですが、右側は無理でした。
メーカーにも問い合わせてみたのですが、バネの巻き方向が逆の製品はないとのこと。
DIYを諦めて、純正品と交換していきます。

動画に従い、畜気体手前にある3㎜レンチを緩めて、畜気体を外します。
DSC08231.JPG

下に押し下げながら抜くという、多少クセのある構造。
DSC08233.JPG
抜くだけなら、それほど難しくもなくできました。
ただこのパイプの中には200気圧超の高圧力がかかっていると思うと、怖くなります。

さて、右側のコッキングレバーを外してみます。
DSC08234.JPG
なんか汚いですね、それよりも、やっぱりバネのとっかかり部分が折れてました。
ウエスで拭き取り、ガンオイル塗って、さて取り付けです。

動画ではバネを押し込む用の道具を作ってましたけど、何となくやりながら方法を模索しました。
最初はピンセットとかラジオペンチとか使って押し込んでいたのですけど、まあ上手くいかない。
結局気が付いたのはバネの丸い穴の部分を、バネの抵抗を受けた状態で5㎜ほどコッキングレバーの方に押し込んでやると、両方の穴の部分が合って、そこにボルトを差し込むわけです。
で、バネと指の間に、六角レンチを挟んで5㎜ほど距離をかせぐ方法を思いつきました。
DSC08236.JPG
穴が合ったことを確認して、レンチで止めているところ。
これでバネ交換が終わりました。

多少見にくいですが、最初と比べると、バネが機能しています。
DSC082371.jpg

さてこれで、初めて自力での銃のパーツ交換を終えることができました。
めでたしめでたし・・・。


って、わけにはいきませんでした!!

組みあがった銃を、何気に1発空撃ち。
ぱあん!!
「ああ!左手に当たる風が心地よい。」

・・・おいおい!エアだだ漏れじゃねえか!!

結局、畜気体と銃身をつなぐところがバチっと合った状態で止めないと、エア漏れを起こすというわけで、ちょっとでもエア漏れあれば、それは弾速にもゼロインにももろに影響が出るわけで。

しまったなあ・・・銃のバラシって思っていたよりも繊細な作業なんだなあ・・・。
まあまた1つ勉強になりました。






この記事へのコメント

  • 黒猫

     ネットではアンチの人たち(FX信者)が「ウクライナ・ロシア戦争でロシア製エアライフルの部品が手に入らなくなった。ざまぁみろ」みたいに喜んでいますが、エドガンの部品って今でも普通に買えるんですよね。

     でもこのスプリング、海外のフォーラムでも折れるっていう記載を見かけますし、素材が良くないのかな?でも1本あたり1500円以上するんですよ。

     日本製のバネに交換するのが一番ですけど、左右で形が違うのは痛いですね。

     でもマニアックな人たちが解決策を見つけているのでは?あと2ヶ月、楽しみですね!
    2022年09月20日 11:30
  • morimori

    バネ1本1500円?!私はありがたいことに無料で分けてもらいました。ただ自分で直してみて、いくつも不満が出ましたね。まずコッキングレバー自体にバネを収める機構さえあれば、バネの取り換え自体本当に簡単になります。次に左右同じバネを使えるように、右と左のコッキングの溝を変えるべきですね。最後に、銃身と畜気体の結合部位は、もっと複雑にパチンと合う形状にしないと、組み上げた状態で空気漏れするかどうかがわからないってのは致命的です。まあ海外製品だから、アフターのことはこの程度なのでしょう。それでもマタドールは銃の中でも簡単なつくりだと聞いてます。FXって自力でどこまで直せるのでしょうか?
    2022年09月20日 19:56