本格的に燻製チャーシューをリベンジしてみた

まず燻製用にカセットコンロを購入しました。
DSC08267.JPG

で、十分量の砂糖と塩で豚バラ肉を塩漬け、同じく前回の記事で作った玉ひものきんかん部分をしょう油とみりん同量に3日間漬けました。
DSC08264.JPG

これを30分ほど塩抜きしました。いわゆる普通の燻製のレシピです。
DSC08265.JPG

その後脱水、外気温はまだ熱いので、外ではなく冷蔵庫内で2日ほど脱水させました。
DSC08266.JPG
ここまでは良い感じです。
あとは新しいアイテム、カセットコンロを使って燻製かけていきます。
DSC08269.JPG
チップに脂が垂れるとあまりよろしくないみたいなので、アルミホイルでカバーしました。
途中できんかん投入。
DSC08271.JPG
十分いい感じになったので、きんかんはスモーク完了です。

結局豚バラは50分ほど熱薫かけて、30分ほど放置しました。
DSC08273.JPG
なかなかハラハラドキドキしましたが、良い色に仕上がりました。

1日冷蔵庫で落ち着かせて完成です。
はい!初めての本格燻製チャーシューです!
DSC08274.JPG
これは旨い!!
自画自賛的に旨い!!

なるほどなあ・・・。燻製にハマる人間が多いのもわかります。
酒のつまみには抜群で、ご飯のお供にも良いです。
脱水してるので、素人でも薄切りしやすいです。
ただ晩飯のメイン料理になるかと言われると・・・難しいですね。
やっぱりサイドメニュー的です。抜群に旨いですが。

でも、以前調理したドンキのアヒルとかを燻製かけるのも面白いかもしれませんね。
もっと言うと、イノシシ肉もいろいろな部分で面白い調理法かもしれません。
なんか、面白くなってきました!!



昔から災害時用にカセットコンロは興味あったんです。でも縁なくてここまできました。まさか燻製の縁でカセットコンロを購入することになるとは!まあ元々ガスバーナー料理人を気取っていて、ガスは常備してました。今後は卓上鍋もできますから、ガスの出番も増えそうです。

イワタニ カセットボンベ CB2503P [CB2503P]

価格:891円
(2022/9/27 22:56時点)
感想(163件)

イワタニのカセットコンロにはイワタニのガスボンベでしょう。安いガスボンベも多々見かけますが、災害時用の長期保存的要素も考えますと、やっぱりイワタニが一番安心です。私はカセットコンロを機会にしてガスボンベはイワタニに変えました。

送料無料 岩谷産業(イワタニ) カセットガス アウトドア トーチバーナー CB-TC-ODOR

価格:2,480円
(2022/10/2 19:40時点)
感想(9件)

黒猫さんの情報で知ったのですが、イワタニはトーチバーナーも作っています。今のトーチバーナーがもう少しで寿命を迎えそうなので、次は純正を買う予定です。というか、このイワタニ3種の神器は揃えていて間違いないです。

この記事へのコメント

  • 黒猫

    自画自賛、良いですね!料理の根本は一番食べてほしい人に食べてもらい満足してもらうことだと思います。なので自身、家族が美味しい!と言えるのが一番では無いでしょうか。

    イノシシは脂の味が濃いのでチャーシュー、鹿は水分や脂肪分が少ないのでジャーキーに。猟期の薫製ブログ、期待しています!
    2022年10月03日 12:23
  • morimori

    今期はカモ猟がメインになるので、胸肉はいつものように生っぽくローストして、その他の部位を骨付きのまま燻製かけても面白いかもしれませんね。まあ私の料理はひらめき系なので、食材を手にしないと思いつきません。ただ確かに調理の幅は広がりました。
    2022年10月03日 19:46