マタドールR5Mの分解方法(バルブピンの取り出し方)

笠取で折れたバルブピンの替えが、ようやく届きました。前回の記事でも書いたように、同席していた、るなさんの指導があって銃をバラすことができました。正直最初、餅は餅屋に、銃の故障は銃砲店にメンテに出そうと考えていたのですが、猟期も近く自力で直したほうが早いとの、るなさんの意見もあって、一人で直すことを決意しました。決意したからには、自宅できっちり組み上げられるように、その場でその作業内容を1つ1つ記…

続きを読む

マタドールR5Mのコッキングレバーのバネを交換してみた

正直エースハンターも含めて、銃をバラすのは初めてです。 経緯で言うと、福光射撃場で気が付きました。http://www.morimori2018.com/article/488444369.html上記記事中には書いていませんが、1発目からコッキングレバーのバネが折れていることに気が付きました。つまり、猟期終わって保管中に折れたのだと思われます。写真のように、右側のコッキングレバーの方から、針…

続きを読む

R5Mマガジンカバーの改良版

マタドールR5Mはプルバック式です。プルバックによるメリット・デメリットは過去記事に書きました。http://www.morimori2018.com/article/484730526.htmlさて、改めてマタドールR5Mのデメリットを述べると、「頬付けが寒い」「マガジン入れるところがフルオープン」って感じです。写真を見てもらえばわかりますが、通常、銃の機関部はスコープ接眼部分くらいで終わって…

続きを読む

バレルの掃除

先日、揖斐教習射撃場に行ってきました。http://www.morimori2018.com/article/487252312.htmlで、その際に結構マタドールもエースハンターも雨で濡れたので、久しぶりにメンテナンスしました。 まあ、メンテって言っても、ウエスで全体を拭いたり、可動部にガンオイルを薄く塗ったり、ボルトを締めてみたり、スコープレンズを綺麗にしたりと、その程度です。分解・洗浄な…

続きを読む

マガジンを使いやすくするDIYアイデア

連射機能のあるPCP銃の場合、弾はマガジンに装填します。日本においてエアライフルは最大5連射までなので、最大5発マガジンに装填できます。 エアライフルにおけるマガジンとは弾を装填する部品です。問題は銃にマガジンを取り付けた時に、1発目がどの場所か?!って説明書もない状態で、さっぱりわからないわけです。で、教えてもらったところで、なかなか覚えられないんですよ。 それを見やすくするDIYアイデア…

続きを読む

銃床をワトコオイルで塗ってみた

さて、それではワトコオイルと実際に塗っていきます。参考にしたのはこの動画です。で、この動画で紹介されている必要な道具がたまたま手元にありました。サンドペーパーの240番と耐水ペーパーの320番は、ホームセンターで買わなきゃと思っていたのですが、工具箱をガサゴソ覗いたら、出てきました。スポンジヤスリがちょうどの240番で、手持ちのサンドペーパーが、「P320」「WATERPROOF」って書いてある…

続きを読む

木製銃床の塗装について

狩猟用の銃は、突然の雨に降られることもあり、木製の銃床はオイル加工されることが多いです。ただですね、そんな銃床が自分色の好みかどうかは、非常に悩ましいところです。本当にね、木製銃床の色には私こだわりたいんですよね。 何度かこのブログでは触れてきましたが、私は長年アマチュアベーシストでした。で、私が本当にずっとずっと愛用してきたベースは、特に表面に塗装がないピュアな白木の木材でした。それが今はこ…

続きを読む

銃を冷やすという発想

銃を新調してから、絶好調!の初日を送ってから、http://www.morimori2018.com/article/484417146.html絶不調に転落した日々を送ってます。http://www.morimori2018.com/article/484823196.html 自分の中で、どうしても納得できない部分が多くて・・・で、そんな状態で出猟しても、迷いながら撃っても、まず当たるわけ…

続きを読む

プルバック式の考察とDIYアイデア

マタドールR5Mはプルバック式です。まあ私はプルバック式だからマタドールR5Mを選んだわけではなく、単純に丈夫で精密射撃を併せ持つ銃だから選びました。じゃあプルバック式ってなんぞや?!って話を今回書きたいと思います。 まずは一般的銃の代表として、私の長年のメイン銃だったエースハンターを例に出します。見た目は一般的な銃です。ただ私の銃はスーパーエースです。見た目だけだと、通常のエースハンターとは…

続きを読む

デジタル圧力計と銃口プロテクターのDIYアイデア

新銃を購入したことを最近まで隠していたせいで、今まで書けなかった話がわんさとあります。その中の話の1つ、今回はマタドールR5Mの圧力計の話です。 現在、EDgunの標準装備の圧力計はデジタル式です。正式名はEDgun Digital Mesurement Unit略名でEDMUです。 元々このデジタル式は、諸先輩方からあまり良い話は聞こえてきませんでしたが、それでも当初、使えるのなら壊れるま…

続きを読む