アイリスオーヤマ製低温調理器の鍋問題について

これはまあアイリスオーヤマ製だけに限らず、低温調理器は総じてでかく、かなりの大鍋でないと使えないです。
で、私は手持ちにティファール製の6L圧力鍋を持ってまして、
DSC07452.JPG
これを使っていたのですが、いかんせん、元が圧力鍋だけに、かなりの重さがあるんですよ。
これにスルスル一杯まで水入れて使用するとなると、これまたかなりの重量になるんですね。
簡単に言うと、後片付けが面倒なんですよね。

で、低温調理用の鍋として、軽いアルミ寸胴鍋が欲しくなりました。
まあ、正確に言うと我が家は古いIHクッキングヒーターなので、アルミ鍋は使えないんですが、欲言うと、できればIH対応の寸胴鍋で、できる限り軽い鍋はないかと。

で、できれば地元に金を落としたいんですよね。Amazon使わずに。
それで、近所のショッピングモールに出かけました。




でまあ、いろいろ探してみたんですが、でかい鍋って、横幅がでかくなるだけで、縦がでかくならないんですね。
当たり前ですが、一般主婦層の鍋しか売っていませんから、当たり前です(二回目)

で、その時に、ふと目に入った製品が、
ビビビッ!!
って直感的にひらめきました!!使えるんじゃないかと!!
DSC07462.JPG
はい!5㎏の米が入る米櫃です!!

買うときに耐熱温度だけは確認しました。
DSC07474.JPG
上限100℃なら、低温調理用にはうってつけだと!!

で、喜んで使ってみたのですが・・・普通に使うと高さが32cmもあって、高すぎて無駄にお湯を入れる量が増えすぎるんですね。だって8.8Lも入るわけですから!!
DSC07464.JPG
ほぼギリギリまで水入れないと使えないし、本気で重いし、なんか無駄なんですよね。

それで改めて気が付きました、低温調理器の取っ手のクリップ部分を米櫃のふちに使わず、本体丸ごと米櫃に投入すれば、使用する水の量が適量で済むのではないかと。
米櫃の中に入れる水量は、足りなかったらあとから追加すればよいだけで。
現在はこんな感じで使ってます。
DSC07490.JPG
ずいぶん、少ない水量で使うことができます。
ただし、本来外にあるはずの取っ手の部分が中にあるので、ずいぶん狭く感じます。2つ同時に低温調理するときは、6L鍋に戻したほうがよさそうです。

さて、使えると理解すると、この米櫃は非常に便利です。
楕円なので収納に優れ、元々米櫃なので洗った後、食器等と並べていても衛生的に嫌な感じにはならず、なにより抜群の軽さです!!
なんか良い買い物できました。
Amazonで同じ米櫃見つけました。画像クリックすると飛びます。正直半分くらいにのこぎりで切ろうかとも思ったのですが、地味に持ち手がついているのがありがたいんですよね。水入れると結構な重さになりますから。だから切断しちゃうと持ち手がなくなるのが嫌だったんです。それと使わないときはこのまま低温調理器の収納ケースにもなります。アイリスオーヤマ製の低温調理器は結構な大きさなので、収納ケース問題も一度に解決してくれます。


"アイリスオーヤマ製低温調理器の鍋問題について"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: